ファミマ・サークルKのコンビニパン「バゲットショコラサンド」

本日は、ファミマ・サークルKの 「バゲットショコラサンド」 税込¥160 を紹介します。

名前も値段も高級です。”バゲット” はフランスパンの種類の一つですが、細長い棒の様な

形をしたものを指します。対して、太くて短い ”バタール” という種類もあるそうです。

カットされたバゲット、焼き色もなんとなく上品です。

更に横からカットされたパンの中に、まっ白なホイップクリームをたっぷりと敷き詰めて、

そのフトン(?)の上、板チョコがデンっと横たわっています。

さっそく食べてみましょう。

フランスパンらしい食感です。その噛み応えあるパン生地からは、若干の塩味と共に、

シンプルな小麦の旨みが伝わって来ます。

そしてカリッとした歯触りで、板チョコを食らいます。

甘みも苦みも抑え気味のチョコレートです。かと言ってコクが無いわけではありません。

存在感は相当なものです。

そこへホイップクリームが、チョコに加える調味料の様な役割で優しく包んでくれます。

まろやかなミルクの風味で、チョコの味を更に際立たせます。

このパンは、どこかしら男らしいパンです。硬い歯応えのフランスパンと板チョコ、

ガブっとかじりついてガシッと食いちぎるイメージです。

食べてみれば、値段も納得の ”バゲットショコラサンド” でした。

チョコレート専門店『サロンドロワイヤル』

<ちょっと雑談>

さて皆さん、ウナギが今、大変なことになっています。

ただでさえ高級料理となってしまったウナギ、この夏は更に、1.5倍程の値段になるかも

しれません。

日本で消費されるウナギは、稚魚シラスウナギを捕獲するか輸入するかして、それを育てた

養殖物がほぼ全てを占めます。去年の11月頃から始まったシラスウナギ漁ですが、

なんと漁獲量が前期の1%程しかないそうです。

シラスウナギの漁獲量は、1960年頃には200トン前後あったのですが、どんどん減り続け、

ここ数年は年15トン前後となっていて、価格も高騰しています。

そのうえで今期のこの状況、もう庶民には手の届かない存在になってしまうかも?

只、漁はこれからが本番だそうです。せめて平年並みまで回復すればいいのですが。

どっちにしても、我が家には高嶺の花ですが…….。



にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)