ミニストップの「濃厚ソースカツソーセージ」

本日紹介するコンビニパンは、ミニストップの 「濃厚ソースカツソーセージ」 税込¥138 です。

ちょっと古い話しになりますが、以前紹介したローソンのパンと似ています。

ローソンの「ソーセージカツロール」

長さ18cmほどのパンの真ん中には、はみ出るぐらいのカツになったソーセージ。

ソースが良くしみています。

そして、そのソーセージカツを挟むように、マスタードとトロトロつやつやのタレが、

脇を固めています。水戸黄門様を守る、助さんと格さんといったところでしょうか。

袋から取り出せば、いかにも濃厚そうなソースの香り、漂ってきます。

さっそく食べてみましょう。

ひと言、濃厚です!!

カツの衣は、しみ渡ったソースのせいで、しっとり柔らか。液状化寸前です。

又、脇に添えられたタレが、カツのソースとは明らかに違う甘辛な味わいを

プラスしてくれます。

そして、何といってもマスタード。ツ~ンと効いています。

ソースの濃厚さにピリッと刺激を与え、スッキリした後味を作り出してくれます。

このマスタードがあるからこそ、ソースカツの味が生きてくるのです。

やっぱりソーセージは、揚げてある方が私には好みです。

ランチにガッツリ食べられる、オススメのソーセージパンです。





<ちょっと雑学>

さて、今日4月7日ですが、かの有名な手塚治虫の漫画、「鉄腕アトム」の主人公アトムの

誕生日です。原作の公式設定では、2003年4月7日。この漫画の連載が始まったのが1951年

ですから、当時思い描いた2003年は、随分と未来だったようです。

ところで、アトムを作ったのは、お茶の水博士ではありません。

天馬博士という人物が、交通事故死した自分の息子の再来として作りました。

アトムは、人間と同等の感情と、様々な能力を持つ優秀なロボットでした。

しかしロボットなので当然ですが、天馬博士は、アトムが子供のまま成長しないことに

嫌気がさし、ロボットサーカス団に売ってしまったのです。

その後、お茶の水博士がサーカス団で偶然アトムを見つけ、引き取りました。

お茶の水博士は、アトムを小学校に通わせたりして育てた、育ての親なのです。

ちなみに、アトムの身長は135cm。体重は30kgです。

又、アトムの家族の中でも有名なウランとコバルトは、お茶の水博士が指揮をとり、

日本の科学省が作ったロボットです。

今日は、「鉄腕アトム」のお話しでした。

にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)