ミニストップのコンビニパン「ミルフィーユ」

本日は、ミニストップの 「ミルフィーユ」 税込¥128 を紹介します。

細長いパイ生地が、2枚重なっています。

粉雪が降り注いだ様にまっ白な砂糖で覆われたミルフィーユ、美しいですね。

サンドされているのは、六甲山麓牛乳入りのミルククリームとカスタードクリーム、

白と黄色の共演です。

さっそく食べてみましょう。

サクッとした食感は想像通りです。幾重にも重ねられた生地は、パイの様です。

でも思ったよりもパサパサ感が少ないです。むしろしっとり感も程々にあり、

ミルフィーユとしては割と好ましい食感です。

そして2つのクリーム、ミルクの風味がやさしく広がります。六甲山麓牛乳は、存在感が

ありますね。カスタードのまろやかさと共に、控えめな甘さでジワジワやって来る感じです。

粉砂糖の甘みと合わさっても、甘すぎることはありません。

ミルフィーユの特徴をちゃんと備えながらも、ギリギリの食感で、

パンとしての役目も果たしています。全体に、ほんわかした味わいのおやつパンです。

只、表面の粉砂糖がこぼれやすいので要注意!!



<ちょっと雑学>

意外にも ”ミルフィーユ” 、初めての登場でしたので、少し調べてみました。

”ミルフィーユ” 、フランス発祥のお菓子の一つです。

とても歴史あるお菓子で、1800年代初頭には既にあったと考えられています。

形状や製法は様々ありますが、3枚のパイ生地にクリームをはさみ、

上から粉砂糖をまぶしたものが基本のようです。

フランス語でミルは ”千” 、フィーユは ”葉” を意味していて、要するに ”千枚の葉” という

意味で一般的には理解されています。

ちなみにこの ”ミルフィーユ” 、そのままナイフを入れると、クリームが横にはみ出して

しまうので、横に倒して食べると上手に食べられるようです。

以上、”ミルフィーユ” についてのお話しでした。



にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)