セブンイレブンの「ベイクドチーズクリームパン」

本日は、セブンイレブンの 「ベイクドチーズクリームパン」

税込¥150 を紹介します。

先日のローソンに続き、チーズクリームのパンです。

大判焼きの様な形が特徴的ですね。

きれいな焼き色も入り、ちょっとオシャレな外観からは、甘い香りが漂います。

さっそく食べてみましょう。

しっとりとしたビスケット生地は、焼いたあと、甘味が凝縮していておいしいです。

中のサクサクしたパン生地は、若干の塩気を含み、2層の生地が織りなすハーモニーは

食感も良く、いいマッチングです。

そしてクリーム。一つは、ややハードなクリームで、チーズの風味が強いです。

もう一つは、とってもソフトなトロリとしたクリームで、ホイップが混ざっているせいか、

とてもなめらかです。

甘みも強く、ヨーグルトの様な爽やかな酸味と共に、口の中で広がります。

食感も味も違う2種類のチーズクリーム、こだわりが感じられます。

ローソンの方は、チーズの素朴な味わいを特徴としていましたが、

こちらは、チーズケーキの様に着飾った味わいです。

2層のパン生地と、2層のチーズクリーム。シンプルな見た目からは想像できない

凝った作りで、少し高めの値段にもふさわしいと言えます。

私的には、とてもおいしくいただきました。

<ちょっと雑学>

さて、本文に出てきた ”大判焼き”。私の住んでいる地方ではそう呼びますが、

本来は、”今川焼き” の呼び名が主流のようです。

小麦粉、卵、砂糖を混ぜた生地を鉄の型に流し込み、中に餡を入れて包み焼きにした、

円形の和菓子ですね。皆さんも、よく御存知かと思います。

その歴史は江戸時代までさかのぼります。

なんでも、江戸にあった今川橋付近の店で販売され、その名が付いたとか。

但し、名の由来は他にも諸説あるようです。

そして明治時代には、庶民のおやつとして大流行したとのことです。

今では、中身が小豆あんだけではなく、カスタードクリームやいちご味、

抹茶味など様々あります。又、ソーセージやハンバーグなど、おかず系の具材を

入れたものまで、広がっていますね。

呼び名に戻りますが、”今川焼き” ”大判焼き” の他、”回転焼き” や ”太鼓焼き” とも

呼ばれています。あなたの街の呼び名は何ですか?

にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)