セブンプレミアムの「キャベツの甘味を活かしたコールスローサラダ」byセブンイレブン

本日は、セブンプレミアムの 「キャベツの甘味を活かした

コールスローサラダ」 税込¥127 を紹介します。

コールスロー、私も大好きです。

食べきりサイズの大きさで、使いやすいですね。

材料は、キャベツ、玉ねぎ、にんじん、コーン、ハムです。

比較的細かく刻まれており、マヨネーズや酢などで味付けされています。

さっそく食べてみましょう。

具材がシャッキシャキです。噛む音が心地良いです。

ほぼ統一された細かな大きさにもかかわらず、とてもみずみずしく感じられます。

酸味は控えめで、キャベツの甘味もあってか、全体にやや甘い味わいです。

具材の素の旨味をより味わえる味付けですね。

コールスロー自体、元々さっぱりした味付けが特徴ですが、この商品は、

よりあっさりした味付けで、野菜本来の旨味と新鮮さを楽しめる作りになっています。

封を開ければすぐ食べられるので、私にとっては、出張の際のひとりメシの時など、

野菜補給に重宝しそうです。

<ちょっと雑学>

さて、コールスローについて調べてみました。

コールスローは、基本的にキャベツを食べるサラダですね。

さっぱりした味付けで、主に肉や魚のフライ物のつけ合わせとして、

食べられることが多いようです。

その歴史は古く、おそらくは古代ローマ時代から食べられていたようですが、

以前は、サラダ油と酢のドレッシングが使われていました。

このコールスローが爆発的に広まったのは、18世紀に入りマヨネーズが発明されてからです。

ここから、現代のマヨネーズ味のコールスローになった訳です。

ところでコールスローですが、作ってから時間を置くと、野菜から水分が出て

水っぽくなってしまいますね。

もちろんできたてを食べるのがおいしさのコツですが、今回食べたセブンプレミアムの

コールスロー、その点を気にならない程度にうまく調整してありました。

ここらあたりに、開発の苦労があったのではないでしょうか。





にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)