ローソンのコンビニパン「チョコビスケットデニッシュ(カスタード&ホイップ)」

本日は、ローソンの 「チョコビスケットデニッシュ(カスタード&ホイップ)」 税込¥135 を紹介します。

少々変わった形ですね。個性的です。

キノコ型デニッシュパンの上にはチョコのビスケット生地、なぜかアルマジロを連想します。

(私だけ?)

そしてそのお腹の中には、カスタードとホイップ、2種類のクリームが入っています。

コンビニパンでは、王道の組み合わせです。



さっそく食べてみましょう。

しっとりしたデニッシュパンです。食べ応えがありながらも、ふんわりしています。

チョコのビスケット生地は、甘さが凝縮されていて、やさしいチョコ味です。

そしてたっぷり入った真っ白なホイップクリーム。

まろやかな甘さを伴ったミルクの風味で、口の中に一気に広がります。

そのホイップクリームに寄り添うように、薄く入ったカスタード。

それほどの量が入っているわけではありませんが、卵の濃厚な味わいを確かに感じます。

見た目ほどのインパクトある味わいではありません。どちらかと言うとオーソドックスです。

しかし、ちょっとだけ苦味も感じるチョコ、カスタード、ホイップクリームと、

バランス良く整ったパンです。デニッシュ生地の食感もGOOD。

又食べてみたいと思えるパンでした。



<ちょっと雑学>

さて、今日4月27日もたくさんの記念日が制定されていますが、私が気になったのは、

”婦人警官記念日” です。

1946年4月27日、警視庁に日本で初めての婦人警官62名が、勤務に就いたそうです。

GHQ(第2次大戦後、日本を占領・管理するため、アメリカが設置した機関)の指示で、

2月21日に募集が始まり、1,300人が応募したそうです。

現在では、”女性警察官” と呼び名も統一され、全警察官30万人の約8%を占めています。

年々採用人数を増やしており、当然ですが、幹部への登用も右肩上がりで増えています。

女性には厳しい職場かと思いますが、とても喜ばしいことですね。

只、世界を見ると、ヨーロッパを中心に女性警察官の割合が多く、その数20~30%の国が

たくさんあります。そういう国では、やはり女性の社会進出が進んでいるのです。

日本もまだまだこれからですね。

にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)