ファミマ・サークルKの「ふんわり明太子マヨネーズ」

本日は、ファミマ・サークルKの 

「ふんわり明太子マヨネーズ」 税込¥138 を紹介します。

長さ20cm超えの、まあまあ大きめのパンです。

サーモンピンクの明太子、量が多いですね。パンのほぼ全域をカバーしています。

その上にマヨネーズで飾り付け。刻んだパセリが、彩りに緑の華を添えます

さっそく食べてみましょう。

パン生地は、柔らかでふんわりしています。とても優しい食感です。

そしてメインの明太子。

このソース自体に、マヨネーズが混ぜてあるようです。

少しピリ辛で、ザラザラした舌触りが印象的です。

又、マヨネーズと混ぜる事で生臭さが軽減され、まろやかな味わいになっています。

それでも一つ食べ終える頃には、まずまずの辛さとなって、

口の中はヒートアップしてきます。

それほどまでに、明太子が絶対的な主役なのです。

パンの食感も、その明太子をより感じられる様、柔らかくセッティングされているのです。

海の物を使うパンは、それほど多くないと思いますが、

このパンは、比較的うまく仕上がったパンだと思います。

<ちょっと雑学>

さて今日は、明太子についてです。

明太子と言えば、何と言っても福岡の博多が有名ですね。

ふくや、福さ屋など、有名店も多いです。

しかし明太子が、朝鮮半島より日本に最初に伝わったのは、山口県の下関のようです。

その明太子は、唐辛子をまぶした、いわゆる「まぶし型辛子明太子」でした。

その後、博多・ふくやの創業者が、韓国で食べた物を基に、

今では一般的な、「つけこみ型辛子明太子」を開発し販売したとの事です。

そして、下関のまぶし型より、博多のつけこみ型の方が全国へ広まった為、

今日では博多が、辛子明太子の名産地として認知されたのです。

ちなみに、韓国の辛子明太子、私も食べた事がありますが、唐辛子と共に、

大量のニンニクが使われており、日本のものとは風味がかなり違っています。

にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)