セブンイレブンの「お好み焼きパン」

本日は、セブンイレブンの 「お好み焼きパン」 税込¥158を紹介します。

実は以前から気になっていました。
中身は何だろう?おいしいんだろうか?そもそもパンなの?などなど……。

只、ちょっとだけ値段が高いこともあって、手がのびなかったのです。
でも、今日は思い切って買いました。

袋から取り出すと、笑っちゃうくらいまるっきりのお好み焼きです。
スーパーのインショップなどで見かけるタイプですね。

青のりと、大量のかつおぶしにまみれ、中身は焼きそばです。
ソースが全体に染み渡り、かなりしっとりとしています。

さっそく食べてみましょう。

やっぱり見た目通りのお好み焼きです。

もっちりした生地と細麺の焼きそばに、かなり濃厚なソースが絡みつき、
香ばしいかつおぶしは、口の中で踊っています。

焼きそばに入ったキャベツが、時折シャキッと主張します。

何度も言いますが、これは正真正銘お好み焼きです。
パンを食べてる気がしません。

そう思うと、¥158の値段も高くないのかもしれませんね。

気軽に買えるお好み焼きは、パンとしては邪道ですが、
意外においしくいただきました。

そうそう、お手拭きは、レジで必ずもらって下さいね。

<ちょっと雑学>
さて、今日はお好み焼きについてです。

お好み焼きには、大きく分けて2種類の焼き方があります。

一つ目は、鉄板の上に生地を薄く引き、その上にキャベツなど具材を
重ねて焼き上げる方法。これは発祥からの元々の焼き方です。

もう一つは、生地にあらかじめキャベツを混ぜて焼く方法です。

現代では、この混ぜて焼く方法が主流であり、いわゆる関西風と呼ばれています。

但し、この関西風というのは、広島風お好み焼きが全国に広まって以降、
そう呼ばれるようになったとの説もあり、なんだか複雑です。
大阪と並んで、広島もお好み焼きの聖地ですからね。

ところで、お好み焼き店についてですが、実は老舗程、
客が自分で焼くスタイルを取っているそうです。

店は、具材と鉄板を提供し、文字通り客が自分のお好みで焼く訳です。

ちなみに、皆さんもご存知かと思いますが、今日のパンの様に、
焼きそばの入ったお好み焼きは、モダン焼きと呼ばれていますね。

にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)