ローソンの「はみでるバーガー(メンチカツ)」

本日は、ローソンの 「はみでるバーガー(メンチカツ)」
税込¥135 を紹介します。

確かに、はみ出ています。
メンチカツがデカイのは認めますが、上に乗っかったパンが、
ちょっと小さい様にも見えます。ケチをつける気はありませんが…….。

このバーガー、パンが揚げパンです。
そして、マヨネーズソースと共に挟まれたメンチカツ、存在感バツグンです。

さっそく食べてみましょう。

ソースが良く染み込んだメンチカツは、意外になめらかな食感です。
ひき肉は細かく処理されていて、タマネギのシャリシャリ感を時折感じます。

ほど良い濃さの味付けで、肉の旨味を引き出しています。

そしてメンチカツだけだと、どうしても味が一本調子になりがちな所へ、
マヨネーズソースでアクセントをつけています。

メンチカツにマヨネーズをつける習慣が私にはありませんが、
ソースが染み込んでいるせいか、違和感は全くなく、
むしろ必然にも思えてきます。

揚げパンをチョイスしたことで、サクサク柔らか、
全体にソフトな歯ごたえになっています。
揚げてあることでガッツリ感も得られますが、
よりメンチカツを際立たせる結果となっています。

食べ終わってみれば、大きな肉々しいメンチカツはボリュームたっぷりで、
ランチには十分な食べ応えです。

<ちょっと雑学>
さて、メンチカツですが、これは日本独自の料理です。

明治時代に浅草の洋食店が、「ミンス(ひき肉) ミート(肉)
カツレツ(フランス語から)」として販売したのが、最初とされています。

又、後に関西にも伝わり、神戸の精肉店が、東京の洋食店のメニューにあった
ミートボールを参考に考案したとの説もあります。

メンチの語源については、はっきりとした説はなく諸説あるようですが、
やはり一般的なのは、ミンス(ひき肉)が転じてメンチとなった説です。

しかし関西(西日本)では、ひき肉をミンチと呼ぶことが多く、
今でもメンチカツではなくミンチカツと呼ぶことが多いようです。
私もてっきり、ミンチがメンチになったと思っていました。

ところで、私にとって、コロッケは家で作るイメージですが、
メンチカツはお店で買うイメージです。皆さんはどうですか?余談ですが……。

にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)