サークルKサンクスの「もちっとパンケーキ(チーズクリーム&ホイップ)」

本日は、サークルKサンクスの 「もちっとパンケーキ(チーズクリーム&ホイップ)」 税込¥138 を紹介します。

きれいな焼き色のパンケーキ。直径10cm程でしょうか。
クリームがサンドされ、まるでクリームどら焼きのようです。

うれしい2個入りですね。

さっそく食べてみましょう。

”もちっ” より先に ”ふわっ” が来ます。ひたすら軽いふわふわ食感です。
やがて、確かにしっとりもちっと感じながらも、
パンケーキは口の中で溶けて行きます。
ほんのりの甘さがいいですね。しっかりと焼き目の香ばしさも味わえます。

そして、このチーズクリーム。おいしいですね。
チーズの濃厚さを残しつつも、ホイップクリームの軽やかさとコラボすることで、
ヨーグルトのようなさわやかさになり、甘さもスッキリと後味良好です。
パンケーキの柔らか食感とも良く合っています。

チーズクリームって、コンビニパンでよく使われてますが、
大体どれもおいしいですね。
私も好きなクリームの一つです。

これぐらいの甘さなら、朝食にも大丈夫です。
もちろん、小腹がすいた時のおやつにもオススメです。

一人でも2個かる~く食べられますが、二人でシェアするのもありですね。

<ちょっと雑学>
今日は、本文にも出てきた、どらえもんの大好きなどら焼きの話しです。

その名前の由来は、もちろん形が楽器のドラに似ているからというのが
一般的です。

しかし、そのほかにも面白い説があります。
かの武蔵坊弁慶が傷を負った際、ある民家で治療を受けたそうです。
そしてそのお礼として、熱したドラの上で、小麦粉を水で溶いたものを薄くのばして焼き、その生地であんを包んで振る舞ったことが始まりとされる説です。

ちょっと作り話しにも思えますが、その他様々な説があるそうです。
いずれの説も、楽器のドラに由来するものが多いようです。

只、関西地方では、どら焼きのことを奈良県の山の形に例え、
三笠とか三笠焼きなどと呼ぶことが多いそうです。

ちなみに現在の形、2枚の生地であんを挟む方式になったのは、
大正初めに東京上野で創業した和菓子屋 「うさぎや」 が最初とされます。

にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)