ミニストップのコンビニパン「三ケ日みかん&カスタード」

本日は、ミニストップの 「三ケ日みかん&カスタード」 

税込¥128 を紹介します。

網目模様の小ぶりなパイの様な見た目です。みかんのパンはずい分久しぶりですね。

どうやら、静岡・三ケ日産のみかんが使われているようです。

一緒に合わせるのはカスタードクリーム、みかんとの相性はどうでしょうか?

さっそく食べてみましょう。

サクッとしたデニッシュの様なパン生地です。

しっとりまでは行きませんが、もちっとして食べごたえのある食感です。

そしてみかんの風味が思いのほか刺激的です。

油断するとこぼれ落ちる程ぷるんぷるんのみかんジャム、もちろん甘さはありますが、

それを押しのけてやって来る酸味と苦味、特に苦味が印象的です。

みかんの、どちらかと言うとコアな魅力を存分に打ち出した作りです。

カスタードの存在を忘れてしまう程に刺激的なみかん味ですが、カスタードもきっと、

陰でまろやかな甘さをかもし出していることでしょう。逆にとらえれば、

それぐらいピッタリと違和感なく、二つの味がマッチしているのかもしれません。

ストーレートで素朴なみかん味を楽しみたい人におススメの、みかんパンです。



<ちょっと雑学>

さて、今日のパンに使われている ”三ケ日みかん” 、少し調べてみました。

誰もが良く知っている ”三ケ日みかん” 、静岡県・三ヶ日町産のみかんです。

その歴史は古く、今から約300年前までさかのぼります。

時は江戸中期、一人の男が紀州(今の和歌山県)から紀州みかんの苗を一本持ち帰り、

庭の片隅に植えたことから始まります。

小ぶりでしたが、香りと甘みがとても強かったこの紀州みかんは、その後三ケ日地区全体に

広まりました。しかしこのみかんには種があったのです。

そして100年ほど前に愛知県・三河地方からこの地区に入って来た ”温州みかん” 、

このみかんは実が大きくて甘みが強く、種も無いため、その後の三ケ日みかんの主流と

なったのです。

以上、”三ケ日みかん” の簡単な紹介でした。

チョコレート専門店『サロンドロワイヤル』

にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)