ローソンのコンビニパン「バター香るクイニーアマン」

本日は、ローソンの 「バター香るクイニーアマン」 

税込¥130 を紹介します。

またまた聞き慣れない、ちょっとオシャレな名前のパン、登場です。

調べてみると、フランス・ブルターニュ地方の伝統的なお菓子で、

クロワッサンに似たパン生地に、砂糖とバターを練り込み焼いたものだそうです。

なるほど、その小ぶりな丸い見た目は、パンというより焼き菓子の様です。

さっそく食べてみましょう。

表面の少し焦げた部分、飴のようにパリッパリです。

これも ”クイニーアマン” の特徴なのです。

溶けた砂糖が固まったものなので、甘さも凝縮しています。

パン生地は幾重にも重なっていて、クロワッサンの様でもありデニッシュの様でもあります。

サクサクした食感が特徴ですね。

そしてパリッパリを通り越すと、サクサクした中にもしっとり感があり、

一気にバターの風味に包まれます。とてもリッチな気分です。

その小さな見た目から、想像以上の存在感を放ちます。

初めて食べた ”クイニーアマン” ですが、パリッからサクサク、そしてしっとりな食感と、

バターの芳醇な風味、塩味と、砂糖のすっきりした甘さが交わって完成された、

とってもおいしい焼き菓子です。おなかも満たされるおやつとして、最適ですョ。

アンリ・シャルパンティエ公式オンラインショップ

<ちょっと雑学>

さて ”クイニーアマン” 、もう少し掘り下げてみましょう。

1860年頃のフランス・ブルターニュでは、小麦粉が不足していましたが、

バターは豊富にありました。そこで、小麦粉とほぼ同じ分量のバター、

砂糖を混ぜてパン生地を作ってみたのですが、やはり失敗でした。

しかし、この材料を無駄にするのはもったいないと、そのまま焼いたところ、

これがとてもおいしいケーキになったのです。

パン生地としては失敗でしたが、ケーキとして成功したのです。

その後改良され、ブルターニュを代表するお菓子となった訳です。

「失敗は成功の基」、まさにその言葉が当てはまります。

”クイニーアマン” 誕生のエピソードでした。

誕生日パーティーや女子会にロールケーキタワー

にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)