ファミマ・サークルKのコンビニパン「生乳から作ったなめらかクリームパン」

本日は、ファミマ・サークルKの 「生乳から作ったなめらかクリームパン」 税込¥110 を紹介します。

見た目何の変哲もないクリームパンです。

色つや良く焼きあがったパンは、”ザ・クリームパン” って感じです。

エッ?「クリームパンは、切れ込みの入ったグローブ型だろ」って?

トホホ…….そうでした。楕円形はジャムパンですね。あんパンは丸です。

話しがややそれましたので、とりあえず食べてみましょう。

カスタードクリームに、生乳が38%含まれているそうですが、そのせいか、

若干白っぽいクリーム色です。

パン生地は、ふわっとして柔らかです。ほんのりと甘みも感じられ、口どけも良好です。

そしてカスタード。強くまろやかな、牛乳風味のクリームです。

それなりに甘さはありますが、すっきりした甘さで、口の中いっぱいに広がります。

又とってもなめらかで、いつものカスタードよりさっぱりと仕上げてあります。

特別なクリームパンではありません。

パン生地の食感を追求して、クリームの成分にこだわったスタンダードなクリームパンです。

何の変哲もない外観だからこそ、口に入れたあと、中身が大切です。

このパンは、安定したおいしさで、リピートできるパンに出来上がっています。

くりーむパンの八天堂

<ちょっと雑学>

日本の三大菓子パンと言えば、あんパン、ジャムパン、クリームパンですね。

この中で、あんパンとジャムパンは、銀座木村屋が元祖です。

そしてクリームパン、これは新宿中村屋が元祖です。

初めて食べた、シュークリームのおいしさに感動した創業者が、あんパンの ”あん” の

代わりに、クリームを使ったらどうだろう?と考え、考案したのです。

本文に形のことを書きましたが、実はクリームパン、当初は切れ込みの入っていない

柏餅型の形だったのです。今日紹介したパンの様な形ですね。

ところがこの柏餅型は、内部に空洞ができやすかった為、空気抜きとしての切れ込みを

入れたようです。グローブ型は意図して作った訳ではなく、結果的にできた形だったのです。

※諸説ある中の一説です。

17種類以上のティーメニューを一台で楽しめる【ネスレ日本公式】

にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)