ファミマ・サークルKのコンビニパン「ベーコンと2種のチーズのピザトースト」

本日は、ファミマ・サークルKの 「ベーコンと2種のチーズのピザトースト」 税込¥160 を紹介します。

やや薄めにカットされた三角形の食パンは、ピザソースをサンドして、2枚重なっています。

パンの上には、またまたピザソースがたっぷりと塗られ、チーズとベーコン、玉ねぎ、

ピーマンがトッピングされています。

見た目的には、ピザサンドイッチとでも言いましょうか?

いずれにしても、ピザソースがプンプン香ります。



さっそく食べてみましょう。

やはり、ピザ風味全開です。

ソースがよく染みているせいか、パン生地もしっとり柔らかです。

只、耳部分だけはしっかりとその食感を残し、食べごたえもあります。

チーズは、一度溶けてから固まった状態ですが、パン生地と同じくトロトロした食感です。

正直、2種類のチーズは、違いがよくわかりません。

そんな中、ゴロゴロとカットされたベーコンの噛みごたえと、玉ねぎのシャキシャキ感は、

間違いなく確認できます。

全体にはピザソースの味が強く、正直チーズの風味とベーコンのうま味をあまり感じません。

トマトソースのピザは元々味が強いですが、ベーコンとチーズをネーミングで強調している

以上、もう少しピザソースの味を調整し、具のうま味を味わえる作りにした方が

好ましいのではないでしょうか。

値段を考慮しても、そのクオリティにおいて、もう一段高みを目指してほしいです。



<ちょっと雑学>

現在広く知られているピザは、イタリアのナポリが発祥なのは御存知の通りです。

少しその歴史を勉強しましょう。

薄くのばした生地にトマトソースを塗り、焼いたものが、初めて作られたのは

1760年頃の事です。その後1803年には、初めてのピッツェリアが開業したのです。

今から200年以上前の出来事ですね。

それからおよそ100年後の1905年には、アメリカのニューヨークで、

アメリカ最初のピッツェリアが開業したのです。

イタリア移民によってもたらされたピザは、アメリカで独自の進化と発展を遂げ、

現在ではアメリカの国民食にまでなりました。

その後ピザが、日本も含む世界各国で爆発的に普及したことは、周知の通りです。

今や世界でも偉大な食べ物の一つとなりましたね。

ところで、元祖イタリアでは、ピザを一般家庭で作ることはほとんどないそうです。

専用の窯を使う為、あくまでピッツェリアのみで提供されるものなのです。

にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)