ミニストップの「アップルパイ」

本日は、ミニストップの 「アップルパイ」

税込¥128 を紹介します。

パイ+アップル=アップルパイです。

スミマセン!! つい便乗しました。(笑)

長さ20cm足らずの細長パンは、網目模様も美しく、間違いなくパイの形をしています。

きれいな焼き色のスキマから、甘い香りを伴って、リンゴが覗いています。

さっそく食べてみましょう。

サクッとした食感の、パン生地を噛んだ直後に、ザックリしたリンゴの食感を感じます。

みずみずしく形を残したリンゴそのものと、甘酸っぱいリンゴジャムがコラボして、

爽やかでさっぱりしたリンゴの味わいを作り出しています。

パンの食感も、リンゴをより楽しむ為に、パイのサクサク感を最低限保ちながらも、

全体には柔らかく仕上げてあります。

カスタードクリームなどを入れず、リンゴだけを使ったシンプルな作りは、

完成度も高く、簡潔なネーミングからも自信が感じられます。

リンゴを使ったパンは、これで3個目だと思いますが、純粋にリンゴを味わうのなら、

今までの中ではこのパンが一番だと思います。

<ちょっと雑学>

今日は、リンゴのお話しです。

日本でのリンゴの生産量は、青森が全体の約60%、長野が約20%で、

この2県だけでほぼ作られていると言っても過言ではありません。

品種別では、全生産量の半分強を ”ふじ” が占めています。

では世界での生産量はどうでしょうか?

やはり中国が1位で、なんと約50%を占めています。

しかも2位アメリカの10倍です。

日本も、世界で15位ぐらいに位置していますが、中国の生産量は日本の50倍です。

中国が1位なのは予想していましたが、その生産量に圧倒されます。

恐るべし中国!!

にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)