サッポロ一番の「広島式汁なし担担麺」byファミマ・サークルK

本日は、サッポロ一番の 「広島式汁なし担担麺」 

税込¥235 を紹介します。

辛そうです!! パッケージも赤で、雰囲気出てますね。

かやくは、鶏と豚の味付そぼろ肉、ねぎ、唐辛子と、いたってシンプルです。

スープ類は2種類。両方とも後入れで、液体の調味油と粉末の特製スープです。

実は、汁なし担担麺は初めて食べます。恥ずかしながら…….。

そうこうしている間に、もう出来上がりました。



花椒でしょうか? 強烈に香ります。山椒にも似た独特の匂いです。

担担麺ならではのゴマもしっかり香ります。

真っ赤な唐辛子が、食べる前の気持ちを引き締めます。

さっそく食べてみましょう。

シコシコの細麺が舌に絡みつくような感覚です。

何でしょう? 油でくるまれているような感じとでも言いましょうか。

そして何より、花椒のスーッと鼻で感じる風味が特徴です。

そして辛さは段々とやって来ます。

私の場合は、半分ほど食べた頃、汗がジワジワ出て来て、口の中がジンジンしてきました。

でも、とても深みのある辛さです。

そぼろ肉は、しっかりと肉のうま味を伝えてくれますし、ネギのシャキシャキした食感も

残っています。

やはり全体を支配しているのは花椒です。

その独特な風味とラー油が合わさって、刺激的な辛さを作り出しています。

全部食べ終える頃には、しっかり汗が噴き出して来ました。

辛いものが苦手なくせに、なぜか時々無性に食べたくなるのです。

とても個性的でおいしい、初めて食べた汁なし担担麺でした。



<ちょっと雑学>

”花椒” 聞きなれない名前だったので、ちょっと調べてみました。

中国のミカン科サンショウ属で、”華北山椒” が正式名のようです。

日本の山椒と同属異種にあたります。

その実が熟すと、赤く花が咲いたように見える為、一般的には ”花椒” と呼ばれているのです。

辛さが特徴の四川料理などでは欠かせない香辛料で、その痺れるような辛さと、唐辛子の

ピリッとした辛さが合わさることで、それら料理における味の基本を作り出すのです。

当然のことながら、その四川料理を代表する担担麺や、麻婆豆腐には必修なんですね。

にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)