ローソンの「ずっしりコロッケのコッペパン」

本日は、ローソンの 「ずっしりコロッケのコッペパン」

税込¥130 を紹介します。

ボリュームがありますね。確かにずっしり重いです。

パンからはみ出したコロッケが、ビジュアルで魅せます。

以前紹介した、同じく  ローソンの「はみでるバーガー(メンチカツ)」 と似ています。

あっちは、中身がメンチカツでした。

そうこうしている間にも、食欲をそそるソースのいい匂いがプ~ンと漂います。

さっそく食べてみましょう。

少し大きめに口を開けないと、このボリュームは、やっつけられません。

やや歯ごたえのあるパン生地です。特に表面はハードです。

がッツリ感を出す為でしょうか?ワイルドな作りです。

そしてコロッケ。

やや甘めのソースが染み込んで、あっさりした見た目からは想像できなかった、

メリハリある味わいです。

中身は、ほぼポテトのみです。形を残さずしっかりつぶされていて、なめらかな食感です。

噛まずとも、自然に口の中から無くなっていく感覚です。

パン生地の食感とは対照的ですね。

それでもさすがに、これだけのボリュームだと食べごたえはあります。

一つ食べたら、お腹は大満足です。

甘めのソースが染み込んだ大きなコロッケパン、私はおいしくいただきました。

コスパもいいんじゃないでしょうか。

<ちょっと雑学>

さて今日は、コロッケについてです。

日本のコロッケが、フランスのクロケット(現在のクリームコロッケに近い)を

真似してできたのは、有名な話しです。

大正時代の洋食屋では、トンカツ、カレーライスと並ぶ三大洋食の一つで、

なんと、トンカツの2倍近くの値段だったそうです。

しかしすぐに、精肉店において惣菜としてのコロッケが発売され、

庶民の食べ物として爆発的に普及したのです。

この肉屋においては、少し保存期間の長くなった肉や細切れ肉、

あるいは揚げ油に使えるラードなど、コロッケを安く提供できる材料が揃っていたのです。

又コロッケは、元々汎用性の高い料理法であったこともあり、

様々なバリエーションが生まれ、日本独自の料理として、広がっていきました。

現代では、日本各地で御当地グルメとして、あちこちで展開されてもいますね。

おかずとしても、おやつとしても、手軽なのに偉大な一品です。







にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)