ファミマ・サークルKの「豆パンマーガリン」

本日は、ファミマ・サークルKの 「豆パンマーガリン」

税込¥118 を紹介します。

長さ18cm程の、ちょっと角ばったパンには、金時豆の甘納豆がちりばめられています。

やや中央寄りの表面部分に、集中して入っています。

そして内部には、マーガリンがサンドされています。

見た目はとってもシンプルなパンですね。

さっそく食べてみましょう。

パン生地は、固くも無く柔らかくも無く、それでもどちらかと言えば、

食べ応えのある食感です。

マーガリンは、思いのほか沢山入っていて、このパンの味の中心になっています。

そのクリーミーな塩気に、更なるおいしさを与えてくれるのが、豆の甘みです。

正直、個人的には甘納豆がそれほど好きでは無いのですが、このマーガリンの、

ちょっとくどいかなと思えるボリュームには、とても合っていて、

甘さがちょうど良く調和しています。

パン生地もしっかり味わえて、甘納豆が私にもおいしく感じられます。

豆をつまみにマーガリンで食べるパンと言えます。

値段も安く、長く愛されるパンですね。

<ちょっと雑学>

さて今日は、甘納豆についてお話しします。

一般的な説として、甘納豆は1857年、東京日本橋に本店を構える和菓子の老舗、

榮太郎総本舗が発案したそうです。※それ以前に、名古屋で作られたとの説もあります。

甘納豆とは言いますが、大豆のみならず、小豆やエンドウ豆、落花生なども

材料に使われます。

又、発酵食品の納豆とは全く関連性は無く、その名前も、元々は甘納糖であったものが、

いつしか甘納豆へと変化したようです。

そしてこの甘納豆、北海道や青森の一部地域、山梨などでは、

赤飯に入れる風習があるそうです。







にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)