サークルKサンクスの「手巻きクレープロール(とろけるチョコクリーム)」

本日は、サークルKサンクスの 「手巻きクレープロール(とろけるチョコクリーム)」 税込¥140 の紹介です。

なかなかの個性派美人ですね。
あざやかな黄色にキリン模様の焼き色、見た目はもはやスイーツです。

クレープに包まれているのは、カステラ生地とホイップクリーム、
そしてチョコクリームです。

ひと口食べてみると、やっぱりこれは間違いなくスイーツです。

ケーキの様なフワフワ食感と甘いクリーム。
最初は、まっ白なホイップクリームが口の中で広がり、そのあとで、”とろける” という程ではありませんが、チョコクリームが存在感を出し始めます。

クリームの甘さ自体は、少し控えめに調整されていますが、なかなかの量入っていますので、口の中でカステラ生地がすぐ溶けてしまうこともあって、クレープ全体の味を支配します。
”さあ、甘いものを食べるぞ” という気持ちで臨まないと、途中で少しくどいと感じるかもしれません。

小腹が空いた時のパンとしてチョイスするよりも、おやつかデザート用に、
最初からお菓子として考えた方が良さそうです。
そう考えれば、値段は納得かも。

<ちょっと雑学>
今日は、クレープについてちょっとだけ勉強します。

クレープはパンケーキの一種で、フランスのブルターニュが発祥です。

その元になったのが、そば粉で作られたガレットです。クレープ生地も、
最初はそば粉だった様ですが、次第に小麦粉へと変わったそうです。

日本では一般的にクレープと言えば、生地に生クリームやフルーツを包んだものですが、これは日本独自のもので、1977年に原宿の竹下通りに開店した 「カフェ・クレープ」 発祥のスタイルです。

にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)