ローソンのコンビニパン「焼きチョコフランスパン」

本日は、ローソンの 「焼きチョコフランスパン」 

税込¥135 を紹介します。

これがフランスパン? まず形、焼きいもの様なその姿に驚きます。

ツルンとしたパンの表面に、私が描くフランスパンのイメージはありません。

素朴さが全面に溢れた小ぶりなパンの所々から、チョコがひょっこり顔を覗かせています。

”焼きチョコ” の文字が気になり手に取ったパン、トーストすると更においしくなるようですが

今日はこのまま食べてみます。

さっそく食べてみましょう。

さっくりとして、ほどほどに歯ごたえがあるパン生地です。

フランスパンほどのドライ感はありませんが、そこそこ乾いていて、

噛むほどに小麦の旨みをしみじみと味わいます。

見た目ではわからなかったのですが、チョコはキューブ型で、意外にたくさん入っています。

少しだけカリッとした食感を残したそのチョコは、甘みと苦みが濃い目の味わいで、

確かに焼けています。その分ちょっとだけ香ばしくなっているのかな?

恐らくパンをトーストすると、このチョコが溶けてパン生地にしみ込み、

それはそれはおいしくなるものと思われます。

プレーンなパン生地を深い味わいのチョコで楽しむパンですが、とてもあっさり味わえます。

シンプルで、ちょっと大人なチョコのパンに仕上がっています。



<ちょっと雑談>

さて皆さん突然ですが、私は本が大好きで、2週間に1冊のペースで文庫本を読みます。

2週間と言っても、週に一度の東京出張の際、往復の新幹線で読むので、出張2回で1冊、

実質2日間です。その本にまつわる話題を一つ、ニュースで見つけました。

九州の女性が作り販売をする、文庫本のブックカバーの話題です。

そのブックカバーはなんと!! がま口型なのです。

文庫本がすっぽりと収まる四角いがま口型。パチンと口金を留めれば、カバンの中でも本が

暴れることなくキレイに持ち運びができます。本体は古着の布を使うことが多いそうなので、

ほとんど1点物です。製作は平均1日1個、現在3か月待ちだそうです。

それにしてもよく考えましたね。そのアイデアにあっぱれです。



にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)