セブンイレブンのコンビニパン「シュガーパン」

本日は、セブンイレブンの 「シュガーパン」 税込¥108 を紹介します。

ふっくら焼けた結構大きなパンです。

コッペパンの様な形ですが、パンの上中央に端から端までべったりと砂糖が塗られています。

私もトーストに、マーガリンと砂糖を塗って食べることがあります。大好きなんです。

簡潔なネーミングと、至ってシンプルな作り、果たしてお味は?

さっそく食べてみましょう。

ふんわりとしながらも、ややもっちりした食感のパン生地です。

かすかな甘みを感じながら、食べごたえあるボリュームです。

そして砂糖のさっぱりとしてキレのいい甘さ、この大きなパンにはありがたい存在です。

決して甘すぎないやさしさで、小麦の味をしっかりと噛みしめる為に力を貸してくれます。

特別な材料を使っている訳ではなく、特別な仕掛けもありません。

砂糖を塗っただけのパンです。もちろん、その砂糖や小麦にこだわりはあると思いますが、

いずれにしてもシンプルな作りです。

しかし、朝のパンや食事用のパンなら、これで十分と言えます。いや、上等です。

”新発売” のシールが袋に貼ってありましたが、今まで無かったことが不思議です。

「シュガーパン」、安定したおいしさですね。



<ちょっと雑学>

今日は、砂糖について調べてみました。

砂糖は、2つの植物から作られています。

一つは誰もが知っている ”さとうきび”。沖縄や種子島、奄美大島などが産地で、

さとうきび生産は、その地方の基幹産業になっています。

そしてもう一つは ”てん菜” です。聞きなれない植物ですね。

見た目はダイコンに似ていますが、ほうれん草の一種です。

こちらは主に北海道が産地で、ジャガイモや、秋まき小麦の輪作作物として作られています。

”輪作” とは、同じ畑で一種類のみの作物を作り続けると、その畑が痩せてしまうので、

複数の作物を交替で作ることを言います。

こうした国産の材料を使って作られる砂糖の量は、全体の3割ほどです。

残りは、さとうきびから作られる海外の原料糖を輸入して、生産されています。

500円以上の注文でお届けも無料 セブンミール

にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)