ファミマ・サークルKの「抹茶風味広がる抹茶ケーキスティック」

本日紹介するコンビニパンは、ファミマ・サークルKの 

「抹茶風味広がる抹茶ケーキスティック」 税込¥120です。

長さ20cmほどのスティックパン。抹茶の香りがすごいです。

抹茶がマーブル調に練りこまれたパン生地の上は、

これまた抹茶のケーキ生地で覆われています。

そして、その緑の生地の所々にちりばめられた白いかけら、何でしょうか?

大体想像はできますが……。

パッケージにも抹茶の写真。まるごと和テイストで演出されています。

さっそく食べてみましょう。

しっとりしたケーキ生地と、もっちりしたパン生地、二つの食感がいいですね。

とても好感が持てます。

そして抹茶。

渋みのある濃いお茶の風味と言うよりは、やさしい甘みと共に味わうまろやかな抹茶味です。

白い粒ですが、想像では練乳系かなと思っていましたが、ホワイトチョコかもしれません。

正直、区別がつきませんでした。只、お茶の渋味や苦味をマイルドにしてくれていること

だけは確かです。抹茶とミルクは相性抜群ですから。

ケーキと言えるほどのケーキらしさは感じませんでしたが、抹茶をほんわかと味わえる、

おいしいパンでした。コスパもいいですね。





<ちょっと雑学>

さて、またまたお茶についてのお話しに、ちょっぴりお付き合い下さい。

お茶が中国から日本に入ってきたのは、奈良・平安時代と言われています。

遣唐使や留学僧によってもたらされました。

当時のお茶は非常に貴重なもので、貴族か僧侶のみ口にすることができました。

やがて鎌倉・南北朝時代には、武士の間にも広まったようです。

そして、ようやく庶民が口にするようになったのが、江戸時代です。

只、今の製法で加工したお茶ではなく、もっと簡単に作られていたようです。

お茶が現代の製法で日本人の生活に根付いたのは、なんと大正の終わり頃から、

昭和の初めにかけてと言われています。

意外に新しく、驚きですね。

にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)