ローソンの「ビーフカレーパン」

本日紹介するコンビニパンは、ローソンの 「ビーフカレーパン」 税込¥125 です。

カレーパン、久しぶりです。ふっくらと、色よく揚がっていますね。

簡潔なネーミングと、抑えた価格設定に意気込みを感じます。

カレーパンの定番となりうるのでしょうか?

さっそく食べてみましょう。

表面カリカリです。それに比べると、中の生地はふっくらしています。

油のしつこさも感じられません。うまく揚がっていますね。

そして主役のカレールー。なかなかにたっぷりと入っています。

でも、匂いからはそれほど複雑なスパイシーさは感じません。

しかし、口に入れると程良くピリッと来ます。そして何口目かには、

どんどんどんどん押し寄せてきて、口の中はヒートアップしてきます。

それでも、コクはありますがカレーとしてはベーシックな味わいです。

このままご飯にかければ、クセのないちょっとピリ辛のおうちカレーになるでしょう。

只、牛ひき肉の食感はあまり感じません。粒が小さいのでしょうか?

ビーフと名が付いていますので、もう少し主張して欲しいところです。

カレー自体は、誰でも普通においしく食べられる万人受けする造りで、

パン生地の食感も含め、リピートできるカレーパンに仕上がっています。





<ちょっとひと言>

今朝テレビで見たのですが、ちょうど51年前、1966年の今日3月31日、当時の法務省は、

日本の住民登録人口が、1億人を突破したと発表しました。

そこからも人口は順調に増え、2008年には1億2,800万人を数えました。

しかしその時をピークに、日本の人口は減少に転じます。

2015年には、2008年から100万人減って、1億2,700万人になってしまいました。

そして今から31年後の2048年には、間違いなく1億人を割り込むだろうと言われています。

日本は、世界の先進諸国の中で、最も少子高齢化が進んでいる国なのです。

このままの状態で推移すると、3,000年~3,500年には、なんと最後の日本人が

居なくなってしまうのです。もちろん数学的な計算の話しですが。

それはさておき、少子高齢化は、社会を営む上で色んな弊害が出て来ますので、

今まさに国を挙げて取り組んでいる大きな問題なのです。

今日は、ちょっとまじめに、日本の人口についてお話ししました。

にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)