ローソンの「モッチチョコブレッド」

本日は、ローソンの 「モッチチョコブレッド」
税込¥110 を紹介します。

マーブル調に練り込まれたチョコ。
白いパン生地との色のコントラストがきれいですね。

そして所々にちりばめられたチョコチップ、
こぼれ落ちそうにしがみついています。

さっそく食べてみましょう。

袋を開ければ、チョコのビターな香りに包まれます。

一目見た時から想像していましたが、しっとりモッチモチです。
このパン生地は、もっちりの定番、きっと多くの人が好む食感です。

そして、生地全体で味わうチョコレート。
控えめですが、しっかりとチョコの風味を感じます。

そこへ時々現れるのがチョコチップ。
カリカリとした食感と共に、チョコレートらしさと甘みで、
パンチを与えてくれます。一気に、おいしさの波が来たかのようです。

しかし全体には、甘さ控えめでマイルドなチョコ味が、
万人受けする仕上がりです。

間違いなく、チョコのパンとしてリピートできる完成度です。
コスパもいいですね。

<ちょっと雑学>
もうすぐバレンタインデーですね。
今日は、その歴史についてひも解いてみましょう。

バレンタインデーの歴史は、なんとローマ帝国時代までさかのぼります。

当時2月14日は、女神ユノの祝日とされていました。
ユノは、全ての神の女王であり、家庭と結婚の神でもありました。

又この日は、若い男女が結婚のきっかけを作る儀式があり、
多くのカップルが結婚しました。

しかしある時、時の皇帝が、兵士の結婚を禁止してしまったのです。
このことに反対したのが、キリスト教の司祭であったバレンタインです。

バレンタインは、兵士たちを想い、内緒で結婚式を行っていました。
やがてこのことが皇帝の耳に入り、怒りを買い、バレンタインは
処刑されることになったのです。

そしてその処刑の日に選ばれたのが2月14日だったのです。

キリスト教徒達は、バレンタインを憂い、その日を祭日とし、
恋人たちの日となったのです。

にほんブログ村&人気ブログランキングブログパーツ
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)